カスタム投稿タイプを使う方法

custom post typeを利用するには、functions.phpにpost typeを登録する。
例えば、「陶芸」というpost typeを登録する場合、

register_post_type(
'tougei',	// 投稿タイプ名
array(
'label' => '陶芸',
'hierarchical' => false,
'public' => true,
'query_var' => false,
'menu_icon' => get_bloginfo('template_url').'/images/pot.gif',
'supports' => array(
'title',
'editor',
'author',
'excerpt',
'thumbnail',
'comments',
'custom-fields'
),
'map_meta_cap' => true,
)
);

といった具合に定義する。register_post_type()の引数の詳細はこちらを参照。

この陶芸に、「カテゴリー」的なことをしたければ

register_taxonomy(
'tougei_cat',	// taxonomy名
'tougei',	// taxonomyを利用する投稿タイプ
array(
'label' => 'カテゴリー',
'hierarchical' => true
)
);

と定義し、さらに「タグ」的なことを登録できるようにしたければ、

register_taxonomy( 
'tougei_tag', 
'tougei',
array(
'hierarchical' => false,
'label' =>'タグ',
'rewrite' => false
) 
);

といった具合に記述する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です