ユーザー権限によって制御する方法

「管理人」の場合、「編集者」の場合、といった権限の振り分けはできない。そういうときには、 current_user_can()関数を使う。 この関数と、その引数として使うRoleをこちらのCapability vs Role Tableで確認して分岐する。 例えば、管理人(Administrator)のみ可能にしたい場合は、例えば”manage_options”というroleがあるので、

if( current_user_can( 'manage_options' ) )
{
// Administratorのみ実行
}

といったふうに分岐する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です